パンケーキと一緒に酵素も摂る > ポリフェノールも酵素のひとつ

ポリフェノールも酵素のひとつ

抗酸化作用が高いことで一躍有名になったポリフェノール。ブドウの皮に多く含まれることからワインに多く含まれています。老化と大きな関係のある体内の酸化。体内の活性酸素により細胞がダメージを受ける。この酸化することを錆びることと表現し、体のさびを解消して、老化を防いでくれる、この酸化を抑えてくれ働きがあるので、『アンチエイジング』の代名詞として美容や健康面で大きな注目を浴びました。

さて、このポリフェノールも酵素の一つ。また、ポリフェノールを多く含む食材として有名な、ぶどうやブルーベリー、他にもお茶に含まれるカテキンもこのポリフェノールのひとつです。このポリフェノールを多く含む食品で酵素ドリンクを作ってみてはいかがでしょうか。ワインにはアルコールが含まれているので朝から飲むというのはおすすめしませんが、ポリフェノールを含むぶどうジュースであれば朝食の際に飲むのが効果的です。

ぶどうジュースならかまわないけれど、市販の酵素ドリンクというのはまだ歴史が浅くいまいち信用できないという人であればは、ポリフェノールを多く含む「加工食品」を毎日の食事に取り込んでみると良いでしょう。たとえば納豆。納豆などの大豆を使った加工品に多く含まれているのが『イソフラボン』です。このイソフラボンもポリフェノールのひとつです。美容化粧品などにも使われているイソフラボンは肌に良いとされています。さらに血液をサラサラにしてくれる効果が期待できる『ナットウキナーゼ』を含んでいる納豆であれば毎日食べることもできるのではないでしょうか。まあ関西の食文化には浸透していないという面もありますが。

ちなみに、ポリフェノールを多く含む飲み物には"ワイン"のほかに"コーヒー"があります。アルコールを含んでいないことから、適量のコーヒーの摂取はおすすめしておきますが、やはり大量に飲んでしまうとカフェインの影響が懸念されるので、何事も適量を守るようにしてください。